なぜ問題になるのか

遺産相続がなぜ問題になるのか知りたいと思っている人は多いでしょう。まずは、遺産相続で揉めてしまう原因を紹介していきます。

相続で揉める主な原因

  • 兄弟が隠れて財産を使った可能性があるため
  • 遺言書はあるが、故人が遺言を書ける状態ではなかったため
  • 遺言の内容が特定の親族に対して有利であるため
  • 故人の面倒を見ていない親族に財産を分割したくないため
  • 故人の借金返済を迫られているため

疑問点があるなら

相続に関して分からないことがあれば、すぐに調べておくと良いでしょう。疑問点を解消しておくのが、トラブルを解消する秘訣なのです。まずは、相続のQ&Aに目を通しておきましょう。

相続に関するQ&A

誰が相続人になれるの?

基本的に配偶者がまず相続人になるでしょう。また、法律婚をしていなければなりません。内縁の配偶者の場合は相続人とはならないので、注意しましょう。

相続の割合はどのくらい?

配偶者と子供が相続人となった場合、割合は2分の1ずつとなります。また、子供が2人いる場合だと、各4分の1ずつが相続されるでしょう。

遺産相続の問題はプロがスムーズに解決する

ガッツポーズ

遺言書の確認

東京では相続に関するトラブルが起こった場合、遺言書の確認から行います。遺言書が絶対というわけではありませんが、ある程度問題を解消するために役立つでしょう。また、弁護士などを利用すると、遺言書に沿った内容で遺産を分割してくれるはずです。遺言書があれば、よりスムーズに問題を解決できます。

ジャッジガベル

法的に解決する

遺産の相続に関する問題は、法によって解決することもできるでしょう。しかし、一般の素人では法による解決は難しいと言えます。そのため、東京では弁護士事務所などを利用する人が多いのです。弁護士であれば法に関する知識を豊富に持っています。すぐに問題を解決してくれるでしょう。このように、専門のプロの力を借りるのも大切なのです。

天秤を持つ人

税金などの問題

相続税などの税金の問題に頭を悩ませている人も多いでしょう。税金の問題であれば、税理士に相談するのがベストです。東京では、税理士を利用することによって、相続税などを節税する人も少なくありません。遺産相続によって起こりうる問題は、それぞれのプロに解決してもらうのがベターです。

[PR]
相続は相模原の専門家へお任せ♪
18時まで相談できる★

遺産の分割手続き

分割協議

遺産の分割についての協議も大切になってきます。基本的に相続人同士で話し合うことが多いでしょう。しかし、この段階で問題が起きやすいのも事実です。弁護士などを利用すれば、滞りなく遺産分割協議を進めることができます。

協議書の作成

基本的に遺産分割の協議が終わってから、遺産分割協議書の作成を行わなければなりません。登記手続きなども関係してくるので、慎重に作成しましょう。こちらも弁護士などの専門家に作成してもらう方が失敗もないので無難です。

分割調停

遺産分割協議でも決着がつかなかった時には、調停を申し立てます。家庭裁判所で行われるのです。話し合いによる解決が基本となりますが、簡単にはいかないでしょう。相続人が各自で弁護士を依頼することも多いと言われています。

審判に移行

分割調停でも問題が解決しない場合、審判に移行します。家庭裁判所が遺産相続に関する事業を考慮しながら、審判を行うでしょう。問題を解決するための最終手段的な手続きとなります。公権的に解決することができるでしょう。

[PR]
相続は東京にある専門家に依頼!

広告募集中